デリヘル岡田有希子 自殺直後朝霞

  • 投稿者 : 黒マリオ鬼ピーチ
  • 2011年9月10日 3:17 PM

「あなたが風俗嬢リナ・キッチナーさんですね?」つえシえ」「風俗嬢リナ、あなたの評判はいろいろうかがっています」と、プレンダが言った。「だれからです?」「いろんな人から」と、M。「たとえば、グロリアとか」「グロリア。スタイナム?」Mがうなずく。「おかしいわね。わたし、あの人をよく知らないのに」「でも、噂では、あなたはマスコミにとても顔が広いとか」と、ブレンダが言う。「原稿に]目を通していただけましたか?」「ええ」と、風俗嬢リナは言って、自分のデスクについた。「コーヒーはいかが?」「いただきます」と、ブレンダが言い、Mがうなずいた。朝霞にある風俗嬢リナは受話器を取って、階下を呼び出した。「ロージーが一病気で休むと言ってきたよ」と、ジェイソンが言った。「NBCのやつは、例の件を五時ではなく、四時にしてほしいそうだ。それから、アマーリアは二時まで来られないって」事態は切迫してきたようだ。ジェイソンの声は上ずっている。ケーリー。朝霞にしてもグラントなら、ヘリコプターに追いかけられているときでさえ、絶対に使わなかった声域だ。き「コーヒーはある?」と、風俗嬢リナは訊いた。朝霞 デリヘルからの「コーヒー?」「コーヒーメーカーの中に」ブレンダとMが風俗嬢リナにじっと目を据えている。少なくとも、ブレンダはそうだ。Mのほうは、ばかでかい眼鏡が光を反射して、その目を隠している。「調べてみるよ」。頼むわ」風俗嬢リナは受話器を置いた。Mがちょっと首をかしげたので、目が見えた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。